サンケン電気は、機械式で蓄電するフライホイールの用途開拓を推進する。半永久的な寿命、高耐久性、急速充放電という特徴を生かし、太陽光発電や風力発電に併用されるリチウムイオン2次電池(LiB)からの代替需要を狙う。また、必要時のみ強力な電力を供給できる利点を訴求し、駅のホームドア用途を開拓している。JR東日本に試験導入された後、山手線や京浜東北線に採用された。今後も採用路線は増える見通し。


必要時のみ強力な電力を供給できる利点を訴求する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る