サンゴバンは今期、ガラス長繊維を用いたアスファルト補強材「グラスグリッド」の国内販売量を前期に比べ倍増する。総代理店契約を結ぶ野原ホールディングスグループのアークノハラ(東京都)と連携、2015年以降、毎年倍増ペースで実績を伸ばしており、全国的に知名度も高まってきた。サンゴバンはインドにグラスグリッドの新工場を建設中で、19年初めから出荷準備に入る予定。国内外で実績を拡大し、世界のインフラ強靭化に貢献していく。

グラスグリッド施工現場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る