炭素材メーカーのサンワ(福岡市、田代英宏社長)は、製糖メーカー向けに脱色用活性炭の国内販売を開始した。中国メーカーに生産を委託し、市場標準品に匹敵する性能と価格競争力を両立。日本の製糖業では、動物の骨からつくる骨灰も多用されてきたが、宗教的タブーに配慮して活性炭に移行しつつある。このタイミングに合わせ、再生炉との一貫ラインの導入を促進する。


中国の製糖用活性炭工場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る