<グリーン水素増産>
 シェルが「アジア太平洋地域の心臓」と位置付けるシンガポールでは昨年、ブコム島にある製油所の原油処理能力削減を前倒しで実施する一方、年55万トン能力を持つバイオ燃料プラント建設の検討に入った。同国でのバイオ燃料生産はネステ(フィンランド)に次いで2社目。

続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

セミナーイベント情報はこちら

エネルギー・素材の最新記事もっと見る