シェルケミカルズは、化学品の生産に廃棄プラスチック由来の再生可能原料の使用を開始した。米ネクサス・フューエルズが生産した熱分解油を米ルイジアナ州ノルコで運営するクラッカーの原料として用いる。シェル・ケミカルズは、2025年までに100万トン規模の廃プラをリサイクルした原料をグローバル全体のケミカルプラントに用いる方針で、今回の取り組みはその第一歩となる。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る