シミックグループは、CMO(医薬品製造支援)/CDMO(医薬品開発製造支援)事業の基盤を強化する。6月からCMO事業を日本政策投資銀行(DBJ)との合弁会社に移行し、投資のプロの手を借りた経営改革に着手する。工場が持つ有形資産の価値最大化にも取り組み、静岡工場では一部の敷地を売却して低温対応の倉庫サービスも始める予定。有効活用されていない「遊休」資産の見直しを推し進めてムダをなくし、開発・製造から薬事、流通まで一貫したサービス体制を一段と強化する。

約8年前に第一三共から静岡工場を取得。遊休資産が広く残る

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る