シャープは採光フィルム事業の拡大を目指す。簡単に取り付け・取り外しできる粘着層付き採光フィルムをこのほど開発し、年内をめどに本格販売に入る。従来の採光フィルムを搭載した採光プレートよりも施工性に優れ、容易にオフィス空間に採光技術を導入できる。採光技術を用いて太陽光をオフィス照明に活用すれば、コストや環境負荷の低減につながる。また、照明を自然光にすることで物体の本物の色が分かる、人体へのストレスを軽減できるなどのメリットもある。続きは本紙で

上部に粘着層付き採光フィルムを設置することで上向きに光を取り込む

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る