ショット日本(滋賀県甲賀市、濱口善永社長)は、温度ヒューズでモバイル市場の開拓を強化する。コーヒーメーカーやアイロンなど小物家電で培った技術を生かし、スマートフォンやタブレット端末、ノートパソコン向けの用途で採用を増やしていく。モバイル機器に搭載されるリチウムイオン電池は大容量化が進んでいることから、従来よりも大電流に対応し、高温に耐えられる温度ヒューズの開発に力を入れている。2018年内の市場投入を目指す。


温度ヒューズなどを生産する水口事業場

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る