ショット日本(滋賀県甲賀市)は、日本法人統合による相乗効果を創出する。製造拠点を持つ同社は2月、販社であった東京の旧ショット日本を統合した。これにより滋賀側の電子部品製造機能、東京側の特殊ガラス販売機能を1社で持つことになり、製品ラインアップおよび顧客数が拡大した。相乗効果の取り組みとしてまずは車載市場の開拓に乗り出す。その他統合により創出できるソリューションを順次打ち出し、事業規模の拡大を狙う。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る