ミキサーメーカーのシンキー(東京都千代田区)は、湿式ビーズミル粉砕機の中型機を開発した。独自のかく拌機「自転・公転ミキサー」の技術を、ビーズミル粉砕機として応用した新製品。一般的なビーズミル粉砕機と比較し、低温下でナノ粉砕が最短2分で完了することが特徴。2019年度中に中型機として市場投入し医薬用途、工業用途に適用していく。なかでも全固体電池の先端分野の材料開発を支援していく考え。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る