プラスチック食品容器大手のシーピー化成(岡山県井原市)は供給能力を増強する。このほど新たな工場と物流センターを建設するための用地を群馬県内に取得した。来年9月の着工予定で、第1期として物流センターと事務所棟を建設し、2021年9月の操業開始を目指す。第2期工事で新工場棟を建設する計画だ。用地費用も含めた総投資額は150億円を見込む。自動化設備などを導入する計画で、東日本の中心拠点とする考え。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る