ジェイテクトはIoT(モノのインターネット)向け省電力水位計の開発を加速する。近年、水害が多発し、自治体を中心に防災対策として水位計の設置を増やす動きが広がっている。同社はより省電力の水位計を求めるユーザーの要望に対し、IoTに対応した水位計の開発にめどをつけた。今後は、改良を加えて2019年度の発売を目指す。

自治体を中心に防災対策として展開する(イメージ展示)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る