ジボダンがアジア地域で開発や生産体制を強化する投資を積極化している。成長市場における成長を目指したもので、インドネシアでは食品香料(フレーバー)と香粧品香料(フレグランス)の開発拠点を開設した。中国では2020年の稼働をめどにフレグランスの新工場建設に着手している。生産と開発体制の強化によって、2020年に向けた経営計画の柱の一つに掲げる「卓越した商品やサービスを提供する」ための基盤を強固にする。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る