太陽電池(PV)最大手のジンコソーラー(中国)は2019年、全世界へ17ギガワット以上の出荷を目標に掲げる。400ワットを超える高出力PVモジュールや透明バックシートを使用した両面発電モジュールなど、付加価値の高い製品を全世界で拡販する考え。4年連続でトップメーカーの座を死守する。また、日本市場向けには19年、外資系メーカーでは初となる1ギガワット超えの出荷量を計画する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る