スギノマシンは、独自の湿式微粒化装置で、電池材料や電子材料など先端領域向けで市場攻勢をかける。近年、リチウムイオン2次電池(LiB)材料、積層セラミックコンデンサ材料などハイエンド領域の分野は、電気自動車(EV)の普及本格化などを背景に、需要激増が予測される。同社はコンタミネーション(不純物)フリー、粒径の均一化、高い生産効率という装置の特徴を訴求、超微粒化ソリューションとして提供していく。続きは本紙で

湿式微粒化装置「スターバースト」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る