スチレンモノマー(SM)のアジア市況が続落した。10月上旬まで1トン当たり1400ドル台で推移していたが、原料エチレンの急落、米中貿易摩擦の過熱を引き金とした誘導品のアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂の需要減退などを背景に下降の一途をたどり、1000ドル台前半まで弱含んだ。主原料ベンゼンとの価格スプレッドは、市況下落前と比べると縮小している。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る