スチレンモノマー(SM)のトレードフローの変化が一段と鮮明になってきた。韓国では中国のアンチダンピング(AD)課税の影響で輸出が激減した一方、昨年は米国品を中心とした輸入が増加に転じ、輸出と輸入の規模がほぼ均衡している。米国の輸出は中国向けが半減しているが、欧州や南米向けの拡大などによって1~10月で前年同期比4割以上増え、3年ぶりに200万トンを超えている。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

市況の最新記事もっと見る