ステア・ジャパン(東京都千代田区)は、セルロースナノファイバー(CNF)と樹脂ペレットの均一混練ができる2軸混練押出機を開発した。自動車用プラスチック部品の市場は近年、金属並みの強度と軽量化を両立する、CNF配合のプラ部品の開発競争が激しい。同社は独自開発した特殊混練法「インテリジェント・コンパウンディング」を用い、低温で均一混練できる技術で実現した。今後、樹脂コンパウンダー向けに本格的な提案活動に入り、顧客支援を充実させる。


開発した新製品には左右非対称の特殊な偏芯エレメント(写真下)を採用した

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る