医薬品のCMC(化学・製造・品質管理)関連業務を受託するスペラファーマ(大阪市)は、CMO(医薬品製造支援)事業を本格化する。同社は昨年、武田薬品工業から武州製薬に譲渡され、CMC分野のサービスプロバイダーとして再スタートした。当初はタケダ関連の受託しかなかったが、最近は他社の受託も増えてきているという。製薬企業に限らず大学やベンチャーなどまで裾野を広げ、前臨床段階から商業化まで医薬品製造のワンストップ・サービスを提供する。抗体医薬など低分子系以外の市場にも参入する。

新薬大手が培ってきたCMC関連技術やノウハウを外部向けにサービス提供する

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る