スペースリンク(神奈川県川崎市、阿部晃城CEO)はカーボンナノチューブ(CNT)などの炭素材料を活物質に用いた革新的エネルギーデバイス「グリーンキャパシタ」の量産試作を開始した。量産は蓄電デバイスメーカーと共同で行い、2021年の量産開始を目指す。ドローンや電気自動車(EV)、ウエアラブル端末などさまざまな分野で安全な大容量エネルギーデバイスが求められるなか、次世代蓄電デバイスとして一つの選択肢を提供する。続きは本紙で

阿部晃城CEO

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る