- 新たな中期経営計画の初年度が終わりました。化成品はいかがでしたか。

 「リチウムイオン2次電池向けの電解液が非常にいいペースで売れた。今後の引き合いも非常にポジティブ。われわれは国内、韓国、中国と設備を作り、欧州のチェコに年産2万トンのプラントを建設中で、その一部がすでにできあがってこの4月から生産に取りかかる。本工場の稼働は2020年、中計最終年度にはそれが寄与してくる計画。中計の中でもこれが伸びしろの一つで期待していいと思っている」

 - 現状の生産拠点以外で設備投資の考えは。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る