セーレンが化粧品領域での取り組みを加速させている。繭に含まれるたんぱく質で保湿力などに優れる「セリシン」をカギに総合化粧品ブランドを展開中だが、消費者への認知度向上が重点テーマであるためだ。昨年のブランドエントリーアイテム第2弾として育成を目指す美容液の投入に続き、今年は主力シリーズの刷新を計画。新規層開拓には商品を触ってもらうことが重要とし、新たな試みとして郵便局でのイベントも始めた。同社の強みは車輌資材事業だが、ほかの事業の売り上げ構成比も高めていきたい考えだ。続きは本紙で

第2のブランドエントリーアイテムとして育成する「ラメラエッセンス」

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る