セーレンは超高耐候性を実現できるインクジェット(IJ)システムを開発し、サンプルワークを始めた。特殊顔料に加え、インキのバインダー樹脂に新規材料を採用することで、業界初となる20年以上の耐候性を持つIJ塗膜を実現した。さまざまな基材に対応するほか、トップコートを施せばさらなる耐候性向上が可能。膜構造建築物向け塗装を想定するほか、住宅の外壁や高速道路の透明防音壁などのニーズを見込む。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る