ゼリア新薬工業は、国内の医療用医薬品事業で製品群の拡大に向けた取り組みを加速する。鉄欠乏性貧血治療薬として開発中の「Z-213」(開発番号)は2019年度の発売を見据えるほか、高カリウム血症を改善する「ZG-801」(同)は18年度中にも臨床試験(治験)を始めて中期での承認申請を目指す。薬価引き下げや後発医薬品の使用促進などによる医療費抑制策で事業環境は厳しさを増している。開発ピッチを上げ、持続的な成長の核となるパイプライン(新薬候補)の獲得を急ぐ。

導入品を含め新薬パイプラインの充実を図っていく(埼玉県熊谷市の中央研究所)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る