ソーダニッカの新中期経営計画「Go forward STAGE2」が始動した。長期ビジョンの達成に向けた成長のための4年間と位置づけており、国内では新しい成長事業の確立と収益基盤の徹底強化、海外ではさらなる拡大に向けたアジア市場の開拓を推進する。目標とする経営指標については最終年度の2022年度に純利益13億円、ROE(株主資本利益率)5%以上、配当性向30%以上を目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る