【バンコク=岩﨑淳一、ワンギャオ・シッティガン】タイ政府は、プラスチックごみを削減するための法整備に着手する。使い捨てプラ製品の使用禁止などを盛り込んだロードマップが閣議決定されたことを受け、資源環境省公害管理局(PCD)を中心に工業省など関係当局が規則を策定する。包装材料などに用いられる薄肉品が海洋プラスチックごみ問題の要因の一つ、との認識から製造・使用を禁止する見通しで、規制内容に注視が必要だ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

環境・規制・行政の最新記事もっと見る