【バンコク=岩﨑淳一】レジ袋などを手がけるタイのタンタワン・インダストリーは、植物由来の生分解性製品の本格展開に乗り出す。プラスチックごみに対する懸念が世界的に広まるなか、タイでも大手スーパーマーケットがレジ袋素材の見直しなどを検討中。完全生分解性を訴求したマーケティングを強化、早期の採用を目指す。新たな潮流である「モノマテリアル化(単一素材化)」に対応した製品開発にも注力し、変化するニーズを取り込み成長を加速する。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る