【バンコク=岩﨑淳一】タイの化学・素材企業によるインドネシアへの投資が活発化している。PTTグループのタイオイルが同国化学品販売会社を買収、サイアムセメントグループ(SCG)は現地企業との合弁で塩化ビニル樹脂(PVC)パイプなどの製造、販売に乗り出す。さらに、ポリエチレンテレフタレート(PET)フィルム大手もフィルム新工場を建設中で、稼働前に早くも次期拡張投資を決定した。世界第4位の人口を誇るインドネシアは消費財など需要が大きい。グローバル展開を推し進めるタイ企業が重点市場と位置付け、拠点を設ける動きが加速しそうだ。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る