【バンコク=岩﨑淳一、ワンギャオ・シッティガン】タイの香料最大手であるタイ・チャイナ・フレーバー&フレグランス(TCFF)は、同国北部チェンライ県に新工場を建設する。消費者ニーズの強まる天然原料を用いた製品を強化する狙いで、バニラやバラなどの栽培から手掛けるコンプレックスを完成させる計画。2023年に操業開始を見込む。タイや日系のトイレタリー、食品メーカーを顧客に持ち事業を拡大中で、2拠点体制を構築して成長を加速する。

反応釜や蒸留塔などの設備を増強している(アユタヤ工場)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る