【バンコク=岩﨑淳一】タイの石油精製・石油化学大手IRPCは、アセチレンブラック(AB)でリチウムイオン2次電池(LiB)用を本格展開する。中国LiBメーカーをはじめ複数社が導電助剤グレードを評価中で、一部で最終段階まで進んでいる。本格的な立ち上げにともない、純度を高める設備を導入する予定。ナフサ分解炉から発生するアセチレンを原料に手掛ける生産体制を強みに伸長する車載用の需要を取り込み、市場シェア獲得を狙う。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る