【バンコク=岩﨑淳一】タイ石油公社PTTグループで石油精製・石油化学大手のIRPCは、電池関連材料を新たな中核事業に育成する。リチウムイオン2次電池(LiB)セパレーター向け超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)とアセチレンブラック(AB)を軸に展開し、グループ内のLiB事業化を機に業容拡大を加速させる計画。先端技術の獲得を目的にスタートアップ企業との協業も探索している。電気自動車(EV)や産業や住宅用蓄電池の市場の成長を取り込み、石油化学の汎用品の比率を引き下げて高付加価品へシフトする製品ポートフォリオの転換を図る。続きは本紙で

 

先端材料・部材の最新記事もっと見る