【バンコク=岩﨑淳一】タイのサイアムセメントグループ(SCG)は、新製品開発でシナジーが見込めるスタートアップ企業に投資するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)に乗り出す。優位性のある製品を拡充して事業ポートフォリオの高度化を急ぐため、ベンチャーの有望な技術やアイデアを活用する狙い。最適な生産体制構築のために、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)といった先端技術を獲得する目的でもスタートアップ企業との連携を模索する。外部から有望技術を積極的に取り込み、成長機会の拡大と事業基盤の強化につなげる。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る