【バンコク=岩﨑淳一】タイのサイアムセメントグループ(SCG)が欧州で化学関連の研究開発(R&D)機能を拡充している。このほど英国にR&Dセンターを新設。同国オックスフォード大学との共同開発が進捗しているため、ハード面を強化して新規事業具現化までのスピードをあげる。2014年にノルウェーに拠点を確立したのを皮切りに積極展開しており、今回の施策で同地域4局体制に拡大した。最先端分野で先行する外部機関との協業で高機能マテリアルの開発を強化し高付加価値品比率の引き上げを目指す。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

経営の最新記事もっと見る