タキロンシーアイグループのタキロンエンジニアリングは、老朽化した管路をよみがえらせる管更生の事業拡大を加速する。FRP(繊維強化プラスチック)による中小口径向けに加え、ポリエチレン(PE)を用いた大口径向けでも高い強度物性や施工時に移動を阻害する部材がないことによる安全性などを生かし実績拡大に取り組む。大口径向けでは施工コストに直結する製管スピードの迅速化に向け、昨年から一部工程の自動化により製管工程の作業スピードを5割向上。その他の工程も自動化に取り組み、中小口径、大口径ともにナンバーワンメーカーを目指していく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る