タキロンシーアイは、米国でPET系熱収縮(シュリンク)フィルムを3割増強する。ノースカロライナ州グリーンズボロのボンセットアメリカ社の既存工場内に数十億円を投じて新規製造設備を導入。2020年第2四半期の稼働を予定する。米国における同製品の市場規模は年率5%程度で成長しており、需給はタイト化している。これまでの事業で培ってきた設備に対するノウハウを盛り込んだ最新鋭設備を導入することにより、コスト競争力を高め、拡大する需要に応えるとともに、市場シェアの拡大にもつなげていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る