溶融電気炉・工業炉メーカーのタナベ(新潟県糸魚川市)は、世界規模で電気自動車(EV)の開発競争が激化するなか顧客の研究開発に対する支援サービスを一段と強化する。本社工場内に建設した「LiB専用開発棟」内に導入した研究向け連続式ロータリーキルン試験機が高率稼働を続けている。昨年は、EV普及のカギを握る正極材・負極材メーカーからの受託テストの依頼が急増した。同社はLiB材料メーカーへきめ細かいサービスを実施し、高度化するニーズにこたえる。

高率稼働を続ける研究向け連続式ロータリーキルン試験機

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る