技術商社のダイコー通産(愛媛県松山市)は、マルチホップネットワークシステム「PicoCELA」(ピコセラ)の提案を本格化する。10ホップ以上の多段無線中継でもスループット劣化や遅延が少ないのが特徴で、スループット300メガビット毎秒に対応した最新製品を展開する。従来用途の無線LAN構築に加え、IoT(モノのインターネット)分野で多業種を取り込む。今秋をめどに一時設置に適した可搬型システムも提供開始し、工事現場のスマート化などの需要も捉えていく。

無線LAN構築に加え工事現場やイベント会場需要も狙う(ピコセラ社のマルチホップ無線)

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る