ダイセルはインドで自動車エアバッグ用インフレータの市場展開を強化する。現地販売会社「ダイセル・セイフティ・システムズ・インディア」(DSSI)が本格始動し、新規開拓を含めて拡販活動が進展している。インドではエアバッグの搭載義務化が段階的に強化される見通しで、これにともないインフレータ需要の拡大が見込まれている。ダイセルは現地拠点を置く強みを生かして顧客密着型の営業活動を推進。インド生産拠点の設置も視野に、2019年内には方向性を決める方針。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る