ダイセルは、円盤状のウエハーに1度で多数のレンズを等間隔で形成するウエハーレベルレンズを拡大する。スマートフォン向けに続いて、セキュリティデバイス全般向けに採用が決定。認証向けは量産がスタートし、IoT(モノのインターネット)関連の監視向けも今年度下期中に量産が始まる予定。同社は高耐熱、薄型・小型サイズを可能とした世界初の”オール樹脂製”ウエハーレベルレンズを商業化している。これらの特徴が生かせる市場は2022年に500億~700億円と予想しており、そのうち同レンズを中心とした光学部材関連で100億円規模の事業に育成していく。

ウエハーレベルレンズ

超小型レンズユニット

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る