ダイセルはインドネシアにおける医薬品のキラル分析体制の構築を全面支援する。同国の政府系研究機関・技術評価応用庁(BPPT)にこのほど、高速液体クロマトグラフ(HPLC)とキラルカラムを贈呈した。インドネシアでは、ほぼ輸入に頼る医薬品のキラル分析に関する技術開発や法整備が遅れており、十分な分析が行われていないのが現状。ダイセルは技術協力などを通じてキラル分析の普及を後押しするとともに、BPPTとの協業により同国における新規ビジネス開拓にもつなげたい考え。続きは本紙で

贈呈式での札場ダイセル会長(中央右)とハマム・リザBPPT長官(同左)(写真提供=BPPT)

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

メディカルの最新記事もっと見る