ダイセルは、酢酸セルロース事業の戦略転換を進める。環境プラスチックとして用途拡大を図るなか、成形品用途はコンパウンダー・ブランドオーナー・地方自治体とのアライアンスを基軸とする方針にシフト。新規ペレットの共同開発などに踏み込む施策に拍車をかけ、「自前主義」からの脱却を図る。さらに環境プラ市場の普及拡大期に備え、各種認証取得とともにペレット供給体制を整え、早期事業化を進めていく。続きは本紙で

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る