ダイセル・エボニックは、ポリアミド(PA)系素材の自動車分野の拡大に向け、網干工場(兵庫県)に多層押出機を導入した。燃料配管や冷却配管の樹脂化に向け、自動車関連の需要家に対する技術サポートのために活用する。技術サポート向けとはいえ、量産にも対応可能な大型設備であり、実生産に即したサポートを可能とすることで、欧米メーカーが先行する自動車向けチューブの樹脂化を国内でも加速していく。

樹脂製の冷却配管

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る