スペインのダイナミカルツールズ(Dynamical Tools)社は、工業用3Dプリンター「DT600+」の提案を強化する。世界でも数少ない炭素繊維充填グレードのPEEK(ポリエーテルエーテルケトン)やPEI(ポリエーテルイミド)に対応できるプリンターで、ノズル温度は500度Cまで対応できる。このほど日本で本格提案を開始した。主力の欧米市場にアジア地域を加えることで世界展開に拍車をかける。コスト優位性を訴求しながら、2018年は前年比2・5倍の200台を販売する計画。

3Dプリンター DT600+

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る