ダイネン(兵庫県姫路市)は、主力の活性炭事業を強化している。2年ほど前から従来の水処理や脱臭用途などに加え、製糖をはじめとする食品製造関連用途での採用を推進している。ハラル認証も今年度中に取得する予定で、食品業界で拡大するハラル市場へのニーズに応え活性炭の拡販を図る計画。さらにこのほど、同社初となる自社開発活性炭周辺装置「小型排ガス処理装置」も発売した。これまでの活性炭の製造で培ったノウハウを生かした周辺装置も手がけることで、顧客へトータルソリューションを提供していく方針。

コンパクト設計が特徴の排ガス処理装置。設置スペースを選ばず、活性炭の交換が容易

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

エネルギー・素材の最新記事もっと見る