ダイハツ工業が軽およびコンパクトカー向けに一括企画開発手法をベースとした新技術「DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)」を発表した。“軽自動車”を基点に相似形でBセグメントまでをカバーするもので、車両、パワートレインおよび安全技術の効率的かつ迅速な進化・展開が可能。新型車の投入ペースを1・5倍に高められるとしており、今年7月に発売する新型タントを皮切りに2025年までに15ボディータイプ・21車種を展開する。続きは本紙で

DNGAによる新型ボディー。10年先・電動化を見据えた安全性能などを確保する

記事・取材テーマに対するご意見はこちら

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る