ダウ・ケミカルのコンシューマー・ソリューションズ事業部は、2016年6月1日にダウコーニングがダウグループに加わったことで、ダウのホーム&パーソナルケアソリューションズ事業とダウコーニングのシリコーン事業を統合して活動を始めた。ダウ・デュポンの会社分割後に素材科学部門を引き継いで19年第1四半期に発足する予定の新生ダウの主力事業の一つになる。同事業部プレジデントでダウコーニングCEO(最高経営責任者)のマウロ・グレゴリオ氏に成長に向けた戦略を聞いた。

 - コンシューマー・ソリューションズ事業部はどのような強みがありますか。

 「ダウコーニングは多様なシリコーンを開発し、イノベーションをリードしてきた。顧客第一主義を徹底し、デジタル化でも先陣を切って顧客との強固な関係を築き上げた。ダウは120年以上の歴史の中で、新しい製品や技術を生み出し、世界の市場に事業ネットワークを広げた。イノベーション力、事業ネットワーク、デジタル化にかかわる機能、顧客第一主義の取り組み、幅広い技術を備えた企業は他にない」

 - 技術の優位性をどう生かしますか。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

インタビューの最新記事もっと見る