【上海=但田洋平】注射器など医療機器用のゴム栓やキャップの製造大手であるスイスのダットウィラーはアジア市場開拓を本格化する。生活水準の向上に伴い付加価値の高い医療ニーズの高まる中国を重点市場に据え、生産拠点設置も視野にシェア拡大を目指す。技術水準や品質要求の高い日本も注視し、優良パートナーと連携した製品の投入や共同での中国市場攻略などに乗り出す考え。欧米に続く収益の柱に育成していく。

医療機器用のゴム栓やキャップで高いシェアを持つ

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る