リチウムイオン2次電池(LiB)用セパレーターメーカーのダブル・スコープは、日韓のLiBメーカーへ攻勢をかける。韓国向けでは円筒型LiBへの出荷増を計画。また、新たな日系メーカーの取引が今期中にも本格化する見通しだ。従来の中国LiBメーカーに加え、最先端LiBを製造する両国メーカーに対しても提案力を強化していく。当面は民生向けが中心となるが、顧客ごとの要望に対応した”スペック・チューニング”を積み重ねることで、電気自動車(EV)など車載用への採用へとつなげていく。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

先端材料・部材の最新記事もっと見る