ダルトンは、本格的な商業生産が可能な医薬品の連続造粒乾燥システムを開発した。2年ほど前に開発した小規模な打錠前顆粒造粒連続システムをスケールアップし、製薬企業から要望が強い毎時25キログラムの生産能力を実現した。世界の製薬業界では生産プロセスをバッチ式から連続式にシフトすることを検討している。同社は連続システムに加え柔軟な生産、設備の簡略化、省スペース化などの特徴を訴求し本格普及を急ぐ。

連続造粒システム「ドームEX・システム25」

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

流通・物流・エンジニアリングの最新記事もっと見る