ツムラは、米国で「大建中湯(開発コード:TU―100)」の後期第2相臨床試験(後期P2試験)を来年にも開始する。同国では10年以上前から大建中湯の薬事承認をめざした開発に取り組んでいるが、通常の西洋薬と特性が異なるため、品質評価の方法などについて米当局との調整に時間がかかった。前期P2試験を行った結果、候補としていた3つの適応症のうち、まずは手術後のイレウス(POI)に対する治療薬として開発を進める。

つづきは本紙をご覧ください

PDF版のご案内

ライフイノベーションの最新記事もっと見る